。まだあまり読めていませんが!考え方の成長のつなげたいです。まだ、読んでいませんが、「ダム経営」、ダムのように水を蓄えて、少しづつ流すというような、余力のある経営について書かれているということを、他の本で知りましたので、早速読んでみたいと思いました。

いまオススメの商品♪

2018年01月11日 ランキング上位商品↑

ビジネス稲盛和夫実学 経営と会計 (日経ビジネス人文庫) [ 稲盛和夫 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ただ!根本は経営者の姿勢というまさしく!仏様のごとくなれる自信はこの本を読んでも全く有りません。 経営者でなくても、読んで勝ちある一冊です。「実学」というだけであって!いわゆる会計本のBS・PL・キャッシュフロー計算書の説明や経営指標との関係などを書いたものではなく!具体的に○○という事象(問題)には△△で対処したなどの実務的な内容が書かれています。が、この本は非常にはまりました。一会社員としても勉強になり、こんな社長の元で働きたいと思わせる一冊です。これからも繰り返し読みたいと思います。出来れば数日かけて読みたいと思ってましたが!内容をどんどん知りたいと思い!気づいたらその日のうちに読み終わってました。稲盛さんが27歳の時に京セラを創業し、企業を大きく発展させていく過程で不可欠な経理の知識が書かれています。会計学よりも経営者の心構え的な内容がメインとなっております。売れてるらしいですよ。日本航空JAL)の会長として2010年2月1日に就任した稲盛和夫新会長が執筆した「経営と会計」の本です。私もその一人ですが、仕事柄避けて通れなくなってきているため、経営者の考えを理解する上で読んでおいて損のない本だと思いまいました。買ってよかったです。これまでたくさんの有名どころのビジネス書を読んできましたが!どれも途中で大体同じ内容の事を繰り返してる感じがして面白みを感じた事は少なかったです。生き方に感動しこの本を購入。10年以上前の本ですが、現在でも十分通用する経営哲学だと思います。特別なことは書いてないと思いますが!色々な“気付き”がありました。大変参考になります。これは、昔、松下幸之助さんが言った言葉で、それを聞いていた一人が稲盛和夫さんだったとか、そして実践されたそうです。その思想はシンプルで理解しやすいです。商品も問題なく、納品についても不満はありません。まるで盛和教に入信したように、語句が染み込んできました。特に会計の重要性については同意です。 稲盛式会計学も本質は人との信頼関係であり!突き詰めれば経営者の人間性なのだと読み取れました。特に!後半部分のセミナー・講演会などでの質疑応答集は!経営者でなくても設備投資・先行投資の考え方などを理解でき!勉強になりました。『実学』と!タイトルは難しそうな感じがしますが!中身は非常に分かりやすいです。発行は2000年11月ですが2010年に第32刷されていますビジネスマンの多くの人とが経理については無縁というより、理解をすることを避けていると思います。ホームページでの案内どおりで、お気に入りの作品でよかったです。そのため大変参考になり!また読みやすいです。まだまだ参考にできるほどの立場にはないですが!本当に参考になります。自分の業務の役に立つと思い購入しました。